水素水で代謝アップのうれしい効果

 

宇宙で一番小さな分子・水素。細胞のどんな場所にも入り込むことができ、活性酸素を効果的にやっつけてくれます。抗酸化力No.1の分子とも言われる水素。活性酸素を減らせることのメリットと、水素のマルチな働きについてみていきましょう。

疲労回復

元気いっぱいな女性

 

「疲れ」の原因は、神経細胞内に大量発生した活性酸素。
増加した活性酸素によって健康な細胞が攻撃され、疲れを感じてしまいます。

活性酸素を除去すること=抗酸化作用によって疲労回復を目指しますが、もっとも効率的に抗酸化力を発揮してくれるのが宇宙で一番小さい水素分子です。
活性酸素は水素が結びつくことで無害な水に変化。ほかの細胞を攻撃しなくなるので傷ついた細胞が減っていき、疲れを感じることもなくなります。
エネルギーを生み出しているミトコンドリアという細胞も活性酸素によって傷つけられることがなくなるので、エネルギーの生産率が向上。疲労回復のスピードアップも期待できます。

アンチエイジング

人間が生きていく上で必要な「食」。食べることで生命維持に必要なエネルギーを作り、そのエネルギーを消費することで生きています。
しかし、食事を摂取してエネルギーに変換する作業そのものが老化の原因なのです。
エネルギーを生み出す細胞・ミトコンドリアは、糖分と酸素をもとに生命維持に必要なエネルギーを作っています。そのときに、ミトコンドリアからこぼれた電子が酸素とくっついたものが活性酸素。
エネルギーの生産行為そのものが、老化の原因となる活性酸素を生み出しているのです。

水素分子には、活性酸素を無害な水に変換する作用があります。老化を引き起こす活性酸素に対してダイレクトにアプローチしてくれるので、水素を生活に取り入れている人は水素習慣のない人よりも若々しい身体でいられるのです。

ダイエット

水素が持つ抗酸化作用は、ダイエットにも効果的。
新陳代謝の活発化がダイエットのカギですが、その新陳代謝にはミトコンドリアという細胞の働きが大切なのです。

ミトコンドリアの働きは、エネルギーを生み出すこと。
エネルギーが正常に生産されないと代謝が落ち、脂肪が燃焼されにくくなって太る原因となってしまいます。
そこで水素がもつ抗酸化力によって活性酸素を排除できれば、ミトコンドリアが活発になってエネルギーの生成が順調に。エネルギー量が増えることで代謝力がアップ、脂肪の燃焼を促進してくれるのです。

サイズを計測

活性酸素がなくなることで血液の流れが改善され、酸素の運搬と老廃物の排出もスムーズになります。身体のすみずみまで酸素が行き渡ることで、さらに代謝が上がります。

水素を取り入れて活性酸素を除去→ミトコンドリアが活性化→新陳代謝を促進

これが水素によって期待できるダイエット効果のメカニズムです。

美肌効果

肌が衰えたと感じさせるシミやシワ、くすみは、細胞の酸化に起因しています。
その酸化の原因は活性酸素。
食事や生活習慣によって活性酸素は増えますが、紫外線を浴びることでも活性酸素は増加します。

活性酸素が肌細胞を攻撃→肌のターンオーバーが乱れる・肌のバリア機能が減少する→肌のハリ・ツヤが減少→シミやシワの原因

肌の老化やトラブルの原因として乾燥や紫外線が挙げられますが、どれも表面的なもの。
たとえば、「シミにはビタミンC」とよく聞きますが、抗酸化力でいえば分子の小さな水素の方が優れています。
水素によってトラブルのもとである活性酸素を排除できれば、肌の老化サイクル改善につながります。

また、活性酸素が減ることでエネルギーを生み出す細胞・ミトコンドリアの働きが活発に。元気になったミトコンドリアによって肌細胞の修復がスムーズになり、より美肌効果が感じやすくなります。
これまで、肌細胞の促進にはプラセンタが人気でしたが、分子が一番小さな水素はより根本的な原因に作用することができるのです。

水素水の効果をもっと見る